南雲商店
商品紹介
店舗紹介
お支払い・送料
アクセス
リンク
よくある質問

麓にある武家屋敷あとです、この奥にもあります

御館跡になります、両側に石垣があり、
昔を感じることが、できます。


坂戸城跡の石碑になります、隣の小さいのは、
上田50騎誕生の地とあります

直江兼続と上杉景勝生誕の地の石碑です

長尾政景の墓所入り口の掲示板です

龍言寺跡です、近くにはこれにあやかった、
ホテルもございます

墓所入り口の石碑手前になります

長尾政景の墓所になります、登山口からは少し
離れた所に、有ります。
こちらから↓は、天地人が決まってから建立され
た、歴代の城主と直江兼続の墓標?になります

左から、4代長尾越前守房長
・2代長尾肥前守房景になります

左から、初祖長尾兵庫助景実・
3代長尾肥前守顕吉です

6代目上杉中納言景勝(長尾景勝)


これが、直江山城守兼続です
ここにいたころは、樋口与六でした。
         坂戸城跡
     坂戸山 標高634m
上杉景勝公と直江兼続の生誕碑がある国定指定文
化財

戦国時代に、幾度となくせめられたが、一度も落城し
たことが無い、要害


山の麓には、
御館(領主の居城跡)
家臣屋敷跡
埋田堀(内堀跡)

がみられる

南魚沼市周辺マップ
JPEG   PDF要ACR

南魚沼市街中マップ(周辺マップの裏)
J
PEG   PDF要ACR
坂戸城周辺MAP
(シャトルバス運行表)
を載せておきます
 
HTML版 PDF版(要ACR

登山口の駐車場にある、案内文

登山口からも、見えるところにある、御堂です

登ってすぐにあらわれる、案内図です

五合目からの展望

五合目の目印

七合目の目印

見返し平

八合目の目印

九合目の目印

頂上手前の分岐点

頂上に在る実城跡

頂上にある、坂戸城の歴史などの、紹介文

頂上にある、御堂です、中には登山者のノートや、
3000回記念者などの寄贈品など、いろいろとあります

頂上からの、風景になります
坂戸城年表
1510年 長尾為景、関東管領上杉顕定を長森原(現南魚沼市城内)で破る(永正乱)
1512年 長尾房長によって、坂戸城の本格的な築城
1514年 上条定憲により、坂戸城侵攻(六日市合戦)
1535年 下平久長により、坂戸城侵攻(天文の乱戦)
1564年 長尾政景(景勝の実父)、野田尻において、水死
1575年 景勝が上杉謙信の養子となり、春日山城に入る。これにより
坂戸城は、支城となる

1578年 謙信の急死により、景勝と景虎(北条氏よりの養子)の
家督争い(御館の乱)が勃発、坂戸城も北条氏により侵攻される

1579年 景勝のしょうりにより、御館の乱終結
1598年 景勝の会津国替えにより、堀直竒が2万国で坂戸城に入城
1606年 堀直竒、長岡の蔵王堂城主が病没したため、蔵王堂城主を兼任。
蔵王堂城を居城としたため、坂戸城には、代官を配置

1610年 堀家内紛により、坂戸城没収。堀直竒は飯山に移封、これにより
坂戸城は廃城となる。


坂戸城


















































































































































































































































inserted by FC2 system